2世帯で暮らす

多機能な断熱材を使用した二世帯住宅

豊橋市Oさん

家族構成 大人3人 / 子ども1人
基本データ 階数/2階建て 1階床面積/ 88.47 ㎡(26.76坪) 2階床面積/ 64.59 ㎡(19.54坪) 延床面積/ 153.06㎡(46.30坪)

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

和室やデッキと繋がる和モダン・リビング

対面キッチンは腰壁を高めに設定し、作業の手元がダイニングから見えないように配慮されている。

腰壁のグレーとカウンターのベージュ、天井の茶色のカラーコーディネートが絶妙にマッチ。

  • ウッドデッキにはリビングと和室の両方から出入りできる。

    家族3人とお母さまが住まう家を20代で実現したOさん。客間やキッズコーナーとして多目的に使える続き間の和室と、リビングと和室の両方から行き来できるウッドデッキを設け、夫妻の希望通り開放的な空間が実現した。
    さらに、リビング収納とスタディコーナーを壁一列に配置するなど、凹凸のない簡潔な空間を設えたことで、室内がいっそう広々と感じられる。ご主人は性能にもこだわり、断熱材にセルロースファイバーを採用。
    「冬から入居しましたが、床暖房が無くても家中が暖かくて快適でした。セルロースファイバーは防音性も高いので、周囲の音も気になりません」とご主人。さらに、仕事を持つ奥さまが家事の時短を図れるように動線も工夫し、家族でゆったりくつろげる空間と時間を手に入れた。

  • シンプルモダンなデザインをベースに、素材のバリエーションで変化をつけた外観。

    スタッフのコメント

    ご夫妻が集めたインスタ画像をもとに意見を交わし合い、断熱材などの性能から細部のデザインに至るまでとことんこだわって、楽しく家づくりができました。

  • リビングのスタディコーナーは、収納と横並びに設けてすっきり配置。

    施主さんに聞きました

    Q:家を建てようと思ったきっかけは?
    A:母親と同居することになり新築を計画。以前は3階建てのアパートだったので階段の行き来が大変で、子どもの遊ぶスペースがなかったのも不便でした。

    Q:この会社で家を建てようと決めた理由は?
    A:地元で信頼のおける住宅会社だったから。「ヒコケン」さんの分譲地の中からちょうど希望にぴったりな場所も見つかり、自由設計であることにも魅力を感じました。

    Q:実際に家を建ててみた感想は?
    A:LINEで意見を交換しあい、何でも言いたいことを言えたおかげで、自分たちの意見が反映された家を実現できました。朝倉さんの親身な対応に感謝しています。