地震に負けないツーバイフォー + 赤い柱の家。

近い将来発生が懸念される東海大地震に備えるべく、阪神淡路大震災でも全倒壊0棟・半倒壊0棟の「ツーバイフォー工法」+加圧注入処理材「赤い柱」をオススメしています。
ヒコケンでは、躯体を自社生産しており、納得のいくコストと納期、品質で提供します。
また地震国日本の住宅にとって、優れた耐震性は不可欠な基本性能です。
3階建て住宅の実物大耐震実験でも、一般の木造住宅に規定されている設計荷重の2.3倍もの力に耐えることが証明されています。
a-05.jpg
3階建ての実験建物

2x4-image.jpg

加圧注入剤入りの赤い柱

住宅強度(耐震強度)維持支援システム”赤い柱”は、地震に強い工法に高耐久な構造材を組み合わせることで、「10年後、20年後も安心して暮らせる、地震に強い家づくり」を、サポートする画期的なシステムです。

赤い柱.jpg
※クリックすると大きくなります
住むと隠れてしまう構造材。そこはメンテナンス困難な部位でありながら、住宅を支える一番大切な部分です。新築時の耐震性能を長期間維持させ、質の高い住宅を実現させることが重要です。
住宅の構造材に加圧注入処理を施した木材や合板を使用することで、住宅の初期強度を長期間維持できます。
kingyo03.jpg
※クリックすると大きくなります
「赤い柱」では、住宅1階部分の部位ごとに、一定の基準を満たす材料をご使用いただくことで、最長20年の腐朽・蟻害保証が受けられます。

また極めて安全性の高い薬剤を使用しており、シックハウス症候群の原因物質は含まれていません。

見学会でもご紹介していますLinkIcon