選ぶなら『長期優良住宅』
将来を見据えた家づくりを
お勧めします

「長期優良住宅」。
その高性能の中身は、
このスペックです。

地震に強い家づくりLinkIcon 
〜耐震等級 最高等級3〜

極めて稀に発生する地震に対し、損傷のレベルの低減をはかるため、構造材にJWOODを用い、設計手法に『テクニカル・フレーム・システム』を活用して、地震に強い家づくりを実現しています。

地震に強い.jpg
長持ちする家づくりLinkIcon 
〜劣化対策等級 最高等級3〜

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できるように、構造材の劣化対策が必要な部位に耐久性に優れた乾式注入材JWOOD EXシリーズを使用して、長持ちする家づくりを実現しています。

長持ちする.jpg
地球にも家庭にもやさしい家づくりLinkIcon 
〜省エネ対策等級 最高等級4〜

住まいの省エネルギー性に配慮し、サッシや断熱材等は一定の性能を確保したものを使用しています。
これにより、地球にも家庭にもやさしい家づくりを実現しています。

地球にも環境にもやさしい.jpg
メンテナンスしやすい家づくりLinkIcon 
〜維持管理対策等級 最高等級3〜

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、清掃・点検・補修・更新などの維持管理が容易に行えるように配慮し、メンテナンスしやすい家づくりを実現しています。

メンテナンスしやすい.jpg
住まい手参加の維持管理LinkIcon 
〜計画的な維持管理の策定〜

住まいの部位ごとに、将来を見据えた定期的な点検・補修等を計画し、住まいを長持ちさせることを意識した『家まもり』の計画を策定しています。

家守り30年02.jpg
将来を見据えた住まいのカルテLinkIcon 
〜住宅履歴情報の整備〜

住まいを長く住み継ぐためには、最初に丈夫な家をつくるだけではなく、点検や修繕の記録を残すことも大切です。これらを『いえかるて』として住宅履歴情報を蓄積する仕組みを用意しています。

家守り30年02.jpg