地震に強い家づくり
〜耐震等級3 (最高等級)〜

JWOOD型式認定に裏付けされた『テクニカル・フレーム・システム』を活用した設計を行い、「寸法安定性」「強度」に優れたJWOOD構造材を使用し、接合部は接合金物を用いることにより、耐震等級3(最高等級)を確保しています。

建物の耐震性

  • 建築基準法
  • 長期優良住宅
建物の耐震性.jpg

建築基準法(耐震等級1)では数百年に一度の地震に対して建物が倒壊しないことを定めていますが、阪神大震災のような想定外の大震災には耐えることができません。長期優良住宅(耐震等級3)では、建築基準法の1.5倍の大地震を想定し、安全・安心な住宅を設計します。

耐力壁の確保

  • 建築基準法
  • 長期優良住宅
耐力壁の確保.jpg

建築基準法では2階の形や大きさに関わらず、必要な耐力壁の量は変わりません。
長期優良住宅では、2階の形や大きさに合わせた耐力壁を確保し、大地震が来ても壊れない構造設計を行います。

床の耐震性

  • 建築基準法
  • 長期優良住宅
床の耐震性.jpg

どんなに壁が強くても箱のフタが弱ければ、せっかく配慮した耐力壁もしっかりと働くことができません。
長期優良住宅では、耐力壁の確保だけでなく、箱のフタにあたる床や屋根についても強度を確認し、耐力壁が本来の力を発揮できるような設計をします。

基礎の耐震性

  • 建築基準法
  • 長期優良住宅
基礎の耐震性.jpg

建築基準法では地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定なのに対して、長期優良住宅では建物の大きさや形状に応じて基礎を配置し、強度が足りない場合は配筋の補強を行います。